カテゴリー : 健康食品

柿タンニン(柿渋)が潰瘍性大腸炎に効く!?

2463061

更新が半年ぶりになってしまいました・・・
私の潰瘍性大腸炎の症状は落ち着いていますが、たまに便に血が混じる事があり、定期的に青黛(セイタイン)を服用しています。

血が混じる原因は、コロナが始まった頃から筋トレ(腹筋)を少しハードにやっている事か、コロナストレスからの飲み過ぎが原因なのかは不明ですが、青黛を服用して暫くするとキレイな便が出るようになる感じです。相変わらず青黛の効果は絶大です。

さて本題ですが、奈良県立医科大学免疫学講座の伊藤利洋教授、畿央大学健康科学部健康栄養学科の栢野新市教授、松村羊子教授らの共同研究グループが、柿から高純度に抽出した柿タンニン(柿渋)を摂取することで、潰瘍性大腸炎の病態を改善できることを動物モデルで実証したそうです。
https://univ-journal.jp/89828/

青黛を始め、医薬品でない物質で潰瘍性大腸炎を抑える事例は今後も沢山出てきそうですね。国内では潰瘍性大腸炎の患者が約20万人と推定されており、指定難病の中では最多ですから、今後も研究が進みそうな分野だと思います。

個人的には「抗炎症作用」がある食品なら可能性がありそうな気がします。抗炎症作用がある食品は例えば下記食品です。
(参考:がんや糖尿病などのリスクを軽減。「抗炎症」効果が期待できる食べ物10

  • 葉もの野菜(ケール、コラード、チンゲン菜、ブロッコリー、ほうれん草など)
  • ベリー系(ブラックラズベリー、ブルーベリーなど)
  • サーモン(サーモン、銀だらなど)
  • しょうが
  • アボカド
  • アーモンド
  • 黒豆
  • ピスタチオ
  • ざくろ
  • アスパラガス

ビフィズス菌に潰瘍性大腸炎の緩和作用あり

他の潰瘍性大腸炎関連のブログで取り上げられていましたので、森永乳業のHPを見てみました。

ビフィズス菌に潰瘍性大腸炎の緩和作用があることが確認されたとのことです。

母数が少ないので、何とも言えないと思いますが、参考まで。

http://bb536.jp/morinagamilk/morinagamilk05.html

以下、本文引用。

軽症から中等症の潰瘍性大腸炎患者14名に、治療薬とともにビフィズス菌BB536を1日2000~3000億、24週間摂取してもらったところ、14名中12名で症状のスコアが低下し、10名は緩解(かんかい)にいたりました。

※緩解:症状が軽減または消失すること。治癒とは異なり、完全に治癒しない病気などで用いられる言葉