カテゴリー : 参考情報

本日、5月19日は世界IBD(炎症性腸疾患)デー

5月19日は世界IBD(炎症性腸疾患)デーだった事を初めて知りました(笑)
しかも、東スポのこちらの記事で。。

記事の抜粋ですが、

  • 厚生労働省の衛生行政報告例によると、IBD国内患者は令和元年度末で推計17万人と、難病の中で最も患者数が多い。
  • 特に潰瘍性大腸炎は12万6603人で、昭和50年度の965人と比べると約130倍
  • 医薬品会社のアッヴィがIBD患者と一般を対象に行った調査の結果では、IBDは最も患者数の多い難病ながら、一般の9割が詳細を認知しておらず、理解度の低さが浮き彫り
  • 一般の56%が全く知らない、34・8%が聞いたことはあるがどんな病気かは全く知らないと回答。IBDという疾患の認知は1割以下(アッヴィ広報)

難病情報センターによりますと、日本の潰瘍性大腸炎の患者数は166,060人(平成25年度末の医療受給者証および登録者証交付件数の合計)、人口10万人あたり100人程度であり、米国の半分以下、との事です。

また、最新の統計では、潰瘍性大腸炎患者数は約22万人と推定されているとのことです。相変わらず激増を続けています。
私個人的には、最近の症状は非常に落ち着いております。数ヶ月前までは便に血が少し混じる事も多かったので、定期的にセイタイン(青黛)を飲んでいました。最近は食べ過ぎ飲み過ぎによる下痢を除いては非常に安定した状況です。

コロナ禍でストレスが多い状況が続きますが、腸に負担を掛けない生活を心がけたいと改めて思います。

柿タンニン(柿渋)が潰瘍性大腸炎に効く!?

2463061

更新が半年ぶりになってしまいました・・・
私の潰瘍性大腸炎の症状は落ち着いていますが、たまに便に血が混じる事があり、定期的に青黛(セイタイン)を服用しています。

血が混じる原因は、コロナが始まった頃から筋トレ(腹筋)を少しハードにやっている事か、コロナストレスからの飲み過ぎが原因なのかは不明ですが、青黛を服用して暫くするとキレイな便が出るようになる感じです。相変わらず青黛の効果は絶大です。

さて本題ですが、奈良県立医科大学免疫学講座の伊藤利洋教授、畿央大学健康科学部健康栄養学科の栢野新市教授、松村羊子教授らの共同研究グループが、柿から高純度に抽出した柿タンニン(柿渋)を摂取することで、潰瘍性大腸炎の病態を改善できることを動物モデルで実証したそうです。
https://univ-journal.jp/89828/

青黛を始め、医薬品でない物質で潰瘍性大腸炎を抑える事例は今後も沢山出てきそうですね。国内では潰瘍性大腸炎の患者が約20万人と推定されており、指定難病の中では最多ですから、今後も研究が進みそうな分野だと思います。

個人的には「抗炎症作用」がある食品なら可能性がありそうな気がします。抗炎症作用がある食品は例えば下記食品です。
(参考:がんや糖尿病などのリスクを軽減。「抗炎症」効果が期待できる食べ物10

  • 葉もの野菜(ケール、コラード、チンゲン菜、ブロッコリー、ほうれん草など)
  • ベリー系(ブラックラズベリー、ブルーベリーなど)
  • サーモン(サーモン、銀だらなど)
  • しょうが
  • アボカド
  • アーモンド
  • 黒豆
  • ピスタチオ
  • ざくろ
  • アスパラガス

潰瘍性大腸炎患者はコロナで『死ぬリスク』が高いのか?

新型コロナウィルス感染症による致死率は全世界で5~6%で、日本では2.6%程度だそうです。

もともと清潔だからとか、ハグや握手を欧米ほどしない文化だからとか、BCGが有効だからとか、色々な説がありますが、現時点では世界に比べて低い致死率を維持しています。

また、一部の持病(基礎疾患)がある人も致死率が高いことが知られています。アメリカ保健福祉省所管の感染症対策部門「米疾患管理予防センター(CDC)」が新型コロナの感染で重症化、死亡のリスクの高い人たちを具体的に示した中で、リスクが高いのは次のような人たちのようです。

・65歳以上の高齢者
・ナーシングホームや長期療養施設の入所者
・慢性肺疾患あるいは中等症から重症のぜんそく患者
・心臓の状態が深刻な人
・がん治療中の患者
・喫煙者
・骨髄・臓器移植者
・免疫不全症患者
・コントロール不良なHIV感染者およびAIDS発症者
・長期のコルチコステロイドあるいは免疫抑制薬の服用者
・BMI 40以上の深刻な肥満者
・糖尿病患者
・人工透析中の慢性腎臓病患者
・肝疾患患者

潰瘍性大腸炎という直接的な病名は挙がっていませんが、潰瘍性大腸炎患者の中には「長期のコルチコステロイドあるいは免疫抑制薬の服用者」に該当する方がいらっしゃるかもしれません。コロナウィルス感染で急激に悪化、重症化するケースは、免疫の暴走(過剰反応)によるものだという記事もあります。そもそも潰瘍性大腸炎という病気自体が免疫異常が原因だと言われている事も多くございますので、ステロイドを使用中の患者はもちろん、そうでない方も健康体の方に比べればリスクが高いように思えます。

もちろん、何ら医学的に立証されていることではありませんので、極端に恐れる必要はないかと思いますが、潰瘍性大腸炎患者は健康な方より注意が必要なのかもしれません。

まぁ、睡眠をしっかりとって、暴飲暴食を避け、免疫力を上げるという、普段どおりのことしかできないのですが・・・

青黛で緩解中も大腸がんの検査は必要ですよね。

ここ数年、内視鏡検査をサボってしまっておりました。かれこれ前回の実施から5年ぐらい経ちますので、内視鏡検査を受けようと思い立って、先日病院に行って下剤を受け取ってきました。来月に検査を受けます。

病院の先生曰く、私のような直腸型の潰瘍性大腸炎患者の場合、がん化のリスクはそれ程高くないようです。それでも数年に1度は実施した方が安心ですね。

最近では血液や尿などでもがん検診ができるような技術が増えてきています。既に実用化されている尿のがんリスク検査では、まもーるがあります。こちらは私も一度利用した事がありますが、年に数万円というプランです。先日、テレビでも紹介されていた線虫を使った尿のがんリスク検査N-NOSEは、まだ一般の受付は開始されていませんが、1万円弱/1回で検査を受ける事が可能になるようです。時間とお金と苦痛という負担が大きい内視鏡検査に変わるような検査が出てくることは楽しみですね。

また、昨日の中日新聞の記事では「肛門付近の直腸の粘膜をピンセットでわずかに採取し、遺伝子解析すればがんリスクを判定」できる検査の臨床研究が進んでいるとのニュースがありました。これであれば診察の際に実施可能ですので、内視鏡検査よりは随分楽になりますね。

 

あと、少し裏技にはなりますが、上記まもーる等のがんリスク検査は、診察ではありません。例えば、病院での内視鏡検査結果で癌が見つかった場合は、その後に保険に入る事はできませんが、がんリスク検査では、がんリスクが高いと判定された後でも保険に入る事が可能です。まぁ、がんリスクが高いのでハッピーではありませんが、金銭的な負担を減らせる可能性はあるかもしれません。

 

潰瘍性大腸炎の患者数は軽症者が助成対象から外れた事によりどうなったか?

最近の患者数を調べてみますと、患者数(難病指定)が減っていました
難病法施行の影響が色濃く出ているようです。

潰瘍性大腸炎になったら読むブログに素敵な感じでまとまっていました。グラフを転載させて頂きます。

uc_number_of_patients_2018-03

軽症者が助成対象から外れた為、2018年度は124,961人と大幅に減少していました。
制度都合のものですので、実際に患者が減ったわけではありませんが、結構ドラスティックに減っていますね。
新薬により回復し、患者数が減ったのであれば良いのですが・・・

ちなみに、アメリカの患者数は100万人程度だそうです。
全世界だと医者に診てもらっていない方を含めるとどれぐらいの患者がいるんでしょうか。
数百万人規模でしょうかね。

最近、私の潰瘍性大腸炎は長らく息を潜めています。
予防的に飲み過ぎや食べ過ぎの際には錠剤の青黛を3粒程、飲むようにしています。
年末年始の帰省の際にも錠剤だと携帯できるので安心ですね。