カテゴリー : ストレス

本日、5月19日は世界IBD(炎症性腸疾患)デー

5月19日は世界IBD(炎症性腸疾患)デーだった事を初めて知りました(笑)
しかも、東スポのこちらの記事で。。

記事の抜粋ですが、

  • 厚生労働省の衛生行政報告例によると、IBD国内患者は令和元年度末で推計17万人と、難病の中で最も患者数が多い。
  • 特に潰瘍性大腸炎は12万6603人で、昭和50年度の965人と比べると約130倍
  • 医薬品会社のアッヴィがIBD患者と一般を対象に行った調査の結果では、IBDは最も患者数の多い難病ながら、一般の9割が詳細を認知しておらず、理解度の低さが浮き彫り
  • 一般の56%が全く知らない、34・8%が聞いたことはあるがどんな病気かは全く知らないと回答。IBDという疾患の認知は1割以下(アッヴィ広報)

難病情報センターによりますと、日本の潰瘍性大腸炎の患者数は166,060人(平成25年度末の医療受給者証および登録者証交付件数の合計)、人口10万人あたり100人程度であり、米国の半分以下、との事です。

また、最新の統計では、潰瘍性大腸炎患者数は約22万人と推定されているとのことです。相変わらず激増を続けています。
私個人的には、最近の症状は非常に落ち着いております。数ヶ月前までは便に血が少し混じる事も多かったので、定期的にセイタイン(青黛)を飲んでいました。最近は食べ過ぎ飲み過ぎによる下痢を除いては非常に安定した状況です。

コロナ禍でストレスが多い状況が続きますが、腸に負担を掛けない生活を心がけたいと改めて思います。

柿タンニン(柿渋)が潰瘍性大腸炎に効く!?

2463061

更新が半年ぶりになってしまいました・・・
私の潰瘍性大腸炎の症状は落ち着いていますが、たまに便に血が混じる事があり、定期的に青黛(セイタイン)を服用しています。

血が混じる原因は、コロナが始まった頃から筋トレ(腹筋)を少しハードにやっている事か、コロナストレスからの飲み過ぎが原因なのかは不明ですが、青黛を服用して暫くするとキレイな便が出るようになる感じです。相変わらず青黛の効果は絶大です。

さて本題ですが、奈良県立医科大学免疫学講座の伊藤利洋教授、畿央大学健康科学部健康栄養学科の栢野新市教授、松村羊子教授らの共同研究グループが、柿から高純度に抽出した柿タンニン(柿渋)を摂取することで、潰瘍性大腸炎の病態を改善できることを動物モデルで実証したそうです。
https://univ-journal.jp/89828/

青黛を始め、医薬品でない物質で潰瘍性大腸炎を抑える事例は今後も沢山出てきそうですね。国内では潰瘍性大腸炎の患者が約20万人と推定されており、指定難病の中では最多ですから、今後も研究が進みそうな分野だと思います。

個人的には「抗炎症作用」がある食品なら可能性がありそうな気がします。抗炎症作用がある食品は例えば下記食品です。
(参考:がんや糖尿病などのリスクを軽減。「抗炎症」効果が期待できる食べ物10

  • 葉もの野菜(ケール、コラード、チンゲン菜、ブロッコリー、ほうれん草など)
  • ベリー系(ブラックラズベリー、ブルーベリーなど)
  • サーモン(サーモン、銀だらなど)
  • しょうが
  • アボカド
  • アーモンド
  • 黒豆
  • ピスタチオ
  • ざくろ
  • アスパラガス

安倍首相はコロナストレスで潰瘍性大腸炎再発なのか??

アベノマスクや給付金問題、GoToキャンペーンにアベノマスクリベンジと、失策続きの安倍政権ですが、安倍首相はかなりお疲れ気味とのことで、体調不安説も出ているようです。

私個人的には、潰瘍性大腸炎はストレスが最も悪影響を与えると考えています。

安倍政権を応援しているわけではありませんが、一潰瘍性大腸炎患者として、潰瘍性大腸炎の悪化によって退陣するということは避けてほしいと思います。潰瘍性大腸炎患者の星ですからね(笑)

安倍さんにも是非青黛を試してほしいですが、難しいでしょうね。

小沢幹事長と潰瘍性大腸炎の関係とは

関係ありません(笑)

前々回にストレス話で調子に乗って日本の政治がストレスだと書いてしまいましたので、ついでに。

検察審査会の鳩山首相の「不起訴」については 私の潰瘍性大腸炎が再発するのではないかと思うくらい怒りを感じましたが、小沢幹事長には「起訴相当」なんだとか。キャラの違いなのか、悪質性の違いなのか、関係者の違いなのか分かりませんが、起訴相当とした事実だけは評価したいと思います。ちなみに検察審査会ってのは国民から無作為のクジで選ばれた方11名なんですね。

小沢なんか政治団体を使って税金払わず、貯蓄して不動産を買って、自分名義で登記して。やりたい放題じゃないですか。東京高裁で「個人資産と思われてもしかたない」という判断を受けて、取得税や固定資産税は払っているんでしょうか。トカゲのしっぽの如く秘書を切って、よく今まで政治家やってますよね。

剛腕とか壊し屋とか言われていますが、そんなものは望まれていません。自分の富を増やす事ばかり考えているバカに国民の事が考えられるワケがありません。3ヶ月以内に起訴されるかどうか決まるようですが、これでまた不起訴なんて判断をしたら日本の検察も終わりですね。

いや~、書くだけでも少しはスッキリしますね。この記事を書く事自体がストレス発散に繋がり、潰瘍性大腸炎の予防になるような気がします。

潰瘍性大腸炎とストレスの関係とは

潰瘍性大腸炎の知り合いの方に聞くと、発症時期には大抵は普段より大きなストレスを感じている時期に発症しているケースが多いです。皆さんはどうでしょうか。

私の場合は仕事、私生活、お金と比較的ストレスの多い時期でした。ストレス+食生活+遺伝という要素が揃った時に発症する可能性が高いような気もしますね。

最近のストレスと言えば・・・強いて言うなら日本の政治ぐらいですかね(笑)

公約をことごとく守らない民主党、ホント残念です。脱税ツートップを引きずり降ろせない民主党員に検察。脱税指南の鳩山ママ、自分も石橋家と鳩山家から莫大な遺産を相続してんだから、鳩山首相に贈与税の支払い義務がある事は十分に承知していたでしょう。国民をバカにするなよ、と。

なんだか私の中では、鳩山ママの鳩山安子と船場吉兆を廃業に導いたささやき女将こと湯木佐知子が被ってしまいます(笑)

日本の首相一家では、「鳩山家のささやき女将」が「宇宙人風の何にも決められない甘ちゃん首相」と「自称「龍馬」を吹聴するアルカイダの友達」に脱税しつつ莫大なこども手当を払っているんですから、日本に誇りを持つ事は至難の技ですね。子供を教育する現場では困るでしょうね。知らなかったと言い通せば税金を払わなくて良いのですから。

あ~、本題(潰瘍性大腸炎)以外につまらない事を書いてしまいました・・・