カテゴリー : 2009年 8月

潰瘍性大腸炎の完治について参考になるコメント

先日、素晴らしいコメントを頂き、私の中でも「潰瘍性大腸炎の完治」についてすっきりしましたので、備忘で記事にしておきます。

確かに、潰瘍性大腸炎は風邪のようなものだと捉えれば気持ちが楽になります。風邪をひく事もあれば、養生すれば完治します。悪化していれば、薬も飲みますし、ひどくなれば、稀に入院する事もある、けれども完治しないという事はない・・・なるほど!

あまり大げさには考えず、一度潰瘍性大腸炎を患ってしまったのだから、潰瘍性大腸炎になりやすいタイプだという認識を持って、食生活に注意し、体力的・精神的に疲れを感じた時は早目に休む、これが大事なのでしょうね。

以下、いただいたコメントです。ありがとうございました。


調子が良くなられて、本当に良かったですね!! 

でも大腸に問題ない人でも、お酒の量が多いと内臓には負担がかかって良くないので、ほどほどにされて欲しいですね^^: 

潰瘍性大腸炎の完治の話ですが、私はこの病気は胃潰瘍とか風邪とかのような部類に入っていると思っています。だからまた何かの原因が発生したり、身体の養生を怠って無理が出て来たら発病すると思ってます。麻疹とかの病気の部類ではないと思います。それでかんかいさんも娘も今の所、風邪が良くなったのと同じような状態だと思ってます。風邪薬はずっと飲まないでしょう。でも娘もかんかいさんも、大腸に潰瘍が出来たことがあったのですから、やはり人一倍大腸を大事にしてあげないと、また風邪みたいに引いてしまうのではないのでしょうか!どうか身体を大事にされて元気に楽しくお暮らし下さい!!



完治は近い??

前回の記事と似たようなものになりますが、かなりお腹の調子がいいです♪

昨日もビールを5杯、チュウハイを3杯程飲みましたが、今日は完全な便が出ています。寝起きに1本、出がけに1本、午後に1本、完全に固形で、下血無しの、しっかりした便が出ました。

しかし、潰瘍性大腸炎の完治は誰に判断してもらったら良いのでしょうね?何か基準があればうれしいのですが・・・

治療実験 青黛(セイタイ)の服用_263日目

最近は殆ど下痢をしません。もちろん下血もありません。

土曜日の晩は親戚と朝の4時まで飲んでいましたが、日曜日も今日も殆ど完璧な便が出ます。

昔、潰瘍性大腸炎を患う前ですら、飲み過ぎや食べ過ぎの次の日はほぼ間違いなく下痢をしていましたが、最近は昔より腸が強くなったのかもしれません。

完治、というか、パワーアップして帰ってきました、というところでしょうか。

ま、油断はいけません。今日は健康的なご飯に適度な運動を心がけました。

青黛はどのくらいの割合で効くのでしょうか

このブログにコメントで青黛の使用感をお伝えいただける方は9割方、潰瘍性大腸炎の症状に改善が見られる方です。

このブログを見て青黛を試したけど、結果は非公開、という方の中で効果があった方と無かった方、どのような割合なのでしょうか?本格的に治験でもしてくれない限り分からないですね。。

ちなみに私が青黛を知るきっかけになった「草はみの潰瘍性大腸炎・クローン病最新情報」で知る限り、草はみさんも青黛を服用後1年4ヶ月程、緩解を継続しているようです。

治療実験 青黛(セイタイ)の服用_255日目

先週は平日全て家で嫁さんの手料理を食べる健康的な食生活を送りました。

昨日、土曜日はBBQで、ビール&焼肉でした。

今週は健康的な食生活だったためか、ほぼ完璧な便通でした。1日1回~3回で、完全に固形で、当然血便等はありませんでした。

先日、「今は病院に行かれていますか?」というコメントをいただきましたが、私の場合は今年の5月に内視鏡検査を受けて、検査結果を聞いて以来1度も病院に行っていません。ペンタサや整腸薬も一切飲んでいません。飲みすぎ等で、下痢をしたときだけ青黛を1,2g服用しています。水を口に含んで、青黛をスプーンで放り込んで、ゴックンです。かなり手慣れたもので、まずい味も感じず、喉に詰まるような失敗もありません。プロ級です(笑)飲み込む事が難しい方は食用のオブラートやカプセルで服用しているみたいですね。

また、殆どがデスクワークの仕事をやっていますので、運動する為に帰宅時にはマンションの階段で10階ほど登るようにしています(酔っていなければ・・・)。また、食後に軽く筋トレ、フロ上がりにストレッチをして、運動不足にならないよう心がけています。

何とか一生、潰瘍性大腸炎の再燃を繰り返さないように、健康的な生活をしていきたいと思います。