カテゴリー : 2009年 10月

潰瘍性大腸炎と妊娠、出産について

私の場合は男性ですので、特に気を遣わなくても良いのかもしれませんが、女性の場合は潰瘍性大腸炎が妊娠中、育児中に赤ちゃんに与える影響を考えないといけないのかもしれませんね。

「踊れ!難病患者」というサイトに詳しく載っています。薬についてはこのサイトで以下のように注意喚起されています。

「プレドニンは口唇口蓋裂を起こす可能性がアメリカで報告されているので、妊娠初期にはなるべく使用を減らす方が無難です。(一応、サラゾピリン・ペンタサは胎児に奇形を誘引する副作用は確認されていません。)僕自身は障害のある子が生まれてきたという話は実際に聞いた事はありません。サラゾピリン・ペンタサを飲んでいると副作用で葉酸欠乏になることがありますので葉酸の補給には気をつけましょう。」

同サイトにて潰瘍性大腸炎は遺伝しないが、潰瘍性大腸炎になりやすい体質は遺伝する可能性はあるかも、と指摘されています。確かに性格や考え方が遺伝して、食生活も類似するわけですから、ある意味潰瘍性大腸炎は遺伝するのと同じようなものですよね。

私の場合は青黛が素晴らしい治療効果を発揮してくれたので助かりましたが、子供には同じ苦しみを味わってほしくないですね。

治療実験 青黛(セイタイ)の服用_334日目

日曜日に少し飲み過ぎたのですが、最近は飲みすぎた翌日でもしっかりした便が出ます。

なかなかしっかりした腸の機能を取り戻したようです♪

潰瘍性大腸炎を患う以前よりも腸の調子は良いように思えます。

治療実験 青黛(セイタイ)の服用_330日目

昨日は随分飲みました。ビー7,8杯と、焼酎1杯。気分が良くて、家に帰ってからも焼酎2杯。

ちょっと節制しなければなりませんね。しかし、飲み過ぎてもお腹の調子は悪くなく、今朝と昼過ぎにしっかりした大便が出ました。なかなか強くなったものです(笑)

私の潰瘍性大腸炎の青黛による治療もあと1ケ月と少しで1年になります。長かったような、あっという間だったような。。

日曜日には友人が家に来て、また飲むでしょうから、今日、明日は節制したいと思います。

青黛の値段<潰瘍性大腸炎、完治への道のり>

青黛の値段ですが、私が購入した頃より随分安くなっているみたいですね。

私が購入した「誠心生薬堂」では、以前500gで5000円+送料でしたが、現在は4200円+送料になっています。他のショップも探してみましたが、最安値のようですね。ついで、「三牧ファミリー薬局」の4475円+送料が安いみたいですね。

私が宣伝したから、数が出て、少し安くなったんでしょうか(笑)

治療実験 青黛(セイタイ)の服用_327日目

予想通り、少し緩かったお腹は完全に回復しました。

接待や、友人と飲む機会が増えていますので、飲み過ぎに気を付けていきたいと思います。最近は普段の生活で自分が潰瘍性大腸炎だという意識は全く持たずに生活しています。ブログを書く時ぐらいでしょうかね(笑)