カテゴリー : 2010年 9月

治療実験 青黛の服用_674日目 ~潰瘍性大腸炎の完治へ向けて~

随分更新をサボってしましました。

先週は酒を飲む機会も多く、少し下痢気味でしたが、昨日、今日と健康的な生活をしていますので、便の調子はすっかり完璧に戻りました。

明後日は久々に健康診断を受けるので、明日もノンアルコールビールです(笑)

最近のノンアルコールビール(特にサントリーのAll Free)なら飲まなくても満足感が味わえますね。潰瘍性大腸炎にはアルコールは天敵ですが、ノンアルコールビールなら大丈夫なのかしら。しかも脂肪分も殆どないでしょうから。

嬉しいコメントのご紹介

コメント頼りのブログですみません。
中学生の息子さんの緩解体験をコメント頂きました。


おはようございます。 
本当にこのブログがなければ、試していなかったと思います。 
息子は、去年の中3の9月修学旅行で3日間、いつでもすぐトイレに行けないので、水やスープしか口にしなかったそうです。 
その後、状態が悪くなり10月全腸型潰瘍性大腸炎と診断され、ペンタサ12錠飲み始めましたが、1週間しても何も変わらず、必死でネットで検索しこのブログに出会ったのです。 
全く躊躇無く、すぐ青黛を注文し飲ませました。 
飲み始めて3日後には回数が2.3回に激減し、2週間後にはうその様に何でも食べていました。 
3ヶ月後には、体重も8kg増えて(もとに戻った)顔色も良くなり、激しい部活動でも現在大丈夫です。 
この病気になって青黛の存在を知らず苦しんでいる人がいたら、絶対に試してみる価値あるよ。と教えてあげます。 
kankaiさん、これからも状態も良く、何もブログ書く事がなくても、この貴重な体験や沢山の方のコメントで1人でも多くの方に見てもらって良くなってほしいです。 
感謝しきれません。ありがとうございました。 



水とスープで乗り切る修学旅行はいつかいい思い出になるかもしれませんね。

本当に緩解してよかったですね。

潰瘍性大腸炎と生命保険について

潰瘍性大腸炎患者の生命保険の加入についてご質問を いただきました。


相談
Kankaiさんはじめまして!このblogで青黛を知り2ヶ月前から服用し今は快調にすごしております! 本当にありがとうございます!突然ですが、皆はどのような生命保険に入られているのでしょうか? そのことで最近悩んでいます。潰瘍性大腸炎ということでどこの保険会社が良いのかわかりません。kankaiさんどうかお力添えよろしくお願い致します!


私の知識の範囲内で回答いたします。

生命保険加入前には、持病を持っている方はその病気の種類によって医師の診断書が必要になる事が多いです。保険会社と病気の症状、診断書によって審査結果は以下のような3つのパターンに分かれます。

① 通常通り加入OK
② 保険料が割増になって加入OK
③ 加入不可

我々、潰瘍性大腸炎患者ができる努力としては、

  • 症状が悪くない、収まっている、快方に向かっているという良い診断書を書いてもらう。(嘘はいけませんが・・・)
  • これはマユツバ情報ですが、「保険料が割増になったら加入しません。」という意思を担当者に伝えておく。
  • 加入しやすい保険会社を選ぶ。

ではでは加入しやすい保険会社はどこでしょうか?最近では持病があっても加入できる保険が増えてきていますので、そのような保険を探すこともベターだと思います。ただやはり、そういう保険はやや割高になるでしょうから、症状が完全に落ち着いているなら、一般の生命保険にトライしてみてからでも遅くないかもしれません。

ちなみに、住宅ローンを組む際の団体信用生命保険については以前記事にしましたので、こちらをご参考に頂ければと思います。

「潰瘍性大腸炎とローン、保険の審査について」

嬉しいコメントの紹介します。

またまた嬉しいコメントを頂きましたので紹介します。


寛解維持しています。
こんばんは。 
青黛は2月の初めから飲んで、効果が出たのが4月の中旬。 
6月の半ばまで飲みましたが、面倒で飲むのをやめました。 
やめてから3ヶ月近いですが、寛解を保っています。 
副作用は、飲み始めの頭痛だけでした。 

試してみたい人にアドバイスするなら、少しの量で効かなければ、1回2グラム飲んでも大丈夫です。 
もちろん医薬品ではないので、飲む人の自己責任ですが。 

青黛は、単なる下痢止めや対症療法ではないと思います。 
対症療法で治るなら、ステロイドで治るはずです。 
病気の原因は不明ですが、青黛は飲む塗り薬として大腸に効く、と同時に免疫に働いているのかも知れません。 

現代医学の薬、サラゾピリンやペンタサもなぜ効果があるのかわからないですね。 
結局、この病気の原因解明は、まだまだということです。 

本来なら、大病院で多くの人に青黛の治験をすればいいと思います。 
しかし、庶民的な生薬の青黛では病院、製薬会社の利益にならないですね。 

その点、広島漢方の天野先生は、そんなに大金を取っているわけではないですし、良心的だと思います。 

6月に血液検査もしましたが、肝機能に問題はなく 
中性脂肪が多くて、メタボのほうが心配でした(泣。 

kankaiさんのこのブログがなければ、青黛試したかどうかわかりません。 
ありがとうございました。



いい加減なことは書けませんが、私も青黛で根本治癒にに近い効果を得ました。ペンタサ、ペンタサ注腸といった一時凌ぎではなさそうです。

もちろん、人によって合う、合わないはあるかと思いますので、試される場合は慎重に、自己責任でチャレンジしてみてください。