カテゴリー : 2010年 10月

コメント頂きました!

新たに青黛に挑戦された方にコメントいただきました。

個人差で頭痛や副作用等があるのかもしれませんが、体調を見ながら慎重に試行されているみたいです。

是非とも緩解して、健常な生活に戻られる事をお祈りいたします。


経過報告
はじめまして。 
このブログを読んで翌日から飲み始めました。色んな情報がありますが、この漢方はやってみよう!って思ったんです(笑)。毎食後2g飲みましたが翌日から便が有形軟便になり回数が一日5回が2回に減りびっくりです。 
しかし、頭痛があり一旦中止。数日おいて朝、就寝前の2回1gづつ飲んで6日目まだ下血はありますが量は減ってきてます。体が慣れて来たら量を増やしていこうと思ってます。今の感じは漢方薬を試してみて運命が変わりそうな予感がするんです。(おおげさですが)でも明るい未来を信じれるのも気分がいいですね。又、報告致します。 

田辺三菱 潰瘍性大腸炎のウェブサイト開設

青黛の情報は載っていませんが、新しいサイトが開設されたようです。

http://www.remicare-uc.jp/

しかし、潰瘍性大腸炎の患者数の増え方は尋常じゃないですね。

コメントいただきました。

経過報告コメント頂きました。

私のように劇的に青黛の効果が表れているというわけではなさそうですが、徐々に効いてきているという感じですね。

私もそうでしたが、ストレスのある環境は腸に良くないので、職場にも早く慣れて少しずつ快方に向かわれる事をお祈りいたします。


経過報告します。
青薫を飲み始めて今日で60日目です。 
最近ようやく青薫が効き始めたかなと思えるようになりました。 
飲み始めて10日目あたりから血便が減り始めました。私の場合、副作用は飲み始めの時に軽い目眩みたいのがあった程度でそれ以外は副作用と思われる症状はありませんでした。 
先月の終わりに血液検査がありまして、結果は前回より少しだけ改善の兆しがありました。最近は改善の兆しどころか、悪くなる方だったので少しの改善でもすごく嬉しかったです。 
このまま良い方向に向かってくれれば良かったのですが、今月に入り転職をしたものですから、不慣れな職場と過度のストレスなどで体調を崩し結果症状も悪化してしまいました。 
一週間程前から青薫の量を朝、晩1gから2gに増やしてみました。 
今週は症状も落ち着き血便も殆ど出なくなりました。軟便はまだ続いています。 
当分は1回2gで続けてみようかと思います。量を増やしたことによる副作用は無いみたいです。 
ストレスと疲労は症状を悪化させる原因になりますからこれらを溜めないよう気をつけたいと思います。そういえば最近、ご飯が美味しく感じるようになりました。以前は食欲もなく食べたいとも思わなかったから、これも症状が改善している兆しでしょうかね。

治療実験 青黛の服用_688日目 ~潰瘍性大腸炎の完治へ向けて~

健康過ぎて書く事がありません(笑)

青黛の使用を完全に中止して8ヶ月ぐらいですが、再燃の兆しは全くありません。

頂いたコメントにもありましたが、潰瘍性大腸炎が青黛によって緩解した方にとって、青黛の服用を中止するということは勇気がいりますよね。あの辛い症状を二度と経験したくないですから。

私の場合はペンタサが徐々に効かなくなって、そろそろステロイドという状態で青黛に出会いましたので、青黛で緩解した時もペンタサのように徐々に効き目が無くなるのではないかと不安でした。しかし、私の場合は青黛の効き目が潰瘍性大腸炎の再燃パワーを凌駕した模様で殆ど再燃の兆しはありませんでした。

個人差はありますが、私のように青黛と相性ぴったりの方も多いようですので、一人でも多くの方に青黛の存在を知ってもらいたいものです。

治療実験 青黛の服用_681日目 ~潰瘍性大腸炎の完治へ向けて~

精密な健康診断の結果、身体全てに異常はありませんでした。

脳MRI、頚動脈MRI、胸部CT、胸部レントゲン、腹部エコー、脈拍、心電図、血液検査、尿検査、便検査、視力、聴力、全てにおいて全く問題ありませんでした。

気になっていたコレステロールもやや高めで、厳しい基準に照らし合わせると基準値オーバーですが、体重や血管の状態を見ると、全く問題ないそうです。

健康って素晴らしいですね。このまま潰瘍性大腸炎も再発せず、健康で過ごせることを願いたいと思います。