カテゴリー : 2011年 1月

嬉しいコメント頂きました!

コメントを頂きましたのでご紹介します。
嬉しい内容で、ブログを継続する励みになります~
 


感謝
はじめまして。 
23歳の娘が、潰瘍性大腸炎を発症して1年半になります。最初だけは「ペンタサ」を処方されていたのですが、諸事情により内服薬を中断せざる得ない状態になりました。 
病気を調べていたところ、このブログに出会い「青黛」というものを知りました。 
しかし娘はもうひとつ甲状腺の持病を持っているので、そちらの病気への影響があったら・・・と考えると、なかなか試す勇気がありませんでした。 
11月になり潰瘍性大腸炎が悪化し、逆に甲状腺のほうの病状が安定したのをきっかけに、思い切って12月中旬より「青黛」を就寝前に慎重に0.5g飲み始めました。 
飲んだ次の日から効果が現れ、あれほど止まらなかった下血が止まり、粘液、下痢も日を追うごとに改善され、最近では、食事制限をしなくても大丈夫の様子です。年明けの病院による血液検査でも、「青黛」による異常は見られず、試してよかったと思っています。「青黛」を教えてくださったkankaiさんのブログに本当に感謝です。娘に元気と笑顔が戻りました。ありがとうございました。 

潰瘍性大腸炎だけでなく、放射線性直腸炎にも青黛は有効か

いつも貴重な情報を教えて頂ける草はみさんのブログに青黛が潰瘍性大腸炎だけでなく、放射線性直腸炎にも有効だという研究結果が掲載されていました。

詳しくは草はみさんのブログの記事「放射線性直腸炎に青黛の単独服用が有効」を参照下さい。

直腸炎に有効ですか・・・青黛は消化器系の炎症疾患に有効であるケースが多いようですね。今後は胃潰瘍等についての研究もなされるのではないでしょうか。雰囲気的には明らかに効果がありそうですもんね。

いやいや、今後も青黛の効果に期待します!

コメントのご紹介

またまた嬉しいコメントを頂きました。

私も同感で、「ここまで効くとは!」という感想を持っています。もちろん効果には個人差はありますので、一概には言えませんが。しかし、試す価値は大いにあることは間違い無いと思います。


バッチリ効きました!
はじめまして。 
去年の7月頃潰瘍性大腸炎を発症しました。 
色々なサイトをみてペンサタは効かない方が多い、またいずれ量が増えステロイド系になり、外科手術になり・・・そのような体験談を見てハナから漢方治療を中心に考えてまして、こちらのサイトも当初から知ってはいたのですがとりあえず地元の漢方薬局にて色々試していました。 
ですがどれも効かない・・・なんとなくいいようなの感じのものはあったのですが、ビンゴ!!なものはナシ。 
で、去年の12月の中頃からこちらの青黛を試してみることになりました。 
一週間くらいで効果が出始め2週間くらいで8、9割くらい良くなったでしょうか。 
今はたまに飲む程度ですが飲まなくても特に問題ナシ、まだ以前のような完璧な腸の状態とまでは言えませんが(乳製品、コーヒーなど摂るとちょっと腸の状態が悪くなる程度ですが)病中のあの酷い状態から考えるとほぼ完治と言ってよし。 
本当にこのサイトの存在には感謝しています。 
有り難う御座います。 
しかしここまでピタっと治まるなんてなんだか不思議ですらあります。 
それとこれを飲むと腸のあたりがしっかりしますね、腹筋がしっかりするというかお腹に力が入るようになります。 
潰瘍性大腸炎に限らずお腹が緩い人にもいいのかもしれません。 
あんな意味不明の酷い状態がこれからずっと続くと思うと憂鬱で仕方なかったのですが今ではもう過去の事のようです。 
本当に助かりました、重ねて御礼申し上げます。どうも有り難う御座いました。
ベジ男 

明けましておめでとうございます、遅っ!

潰瘍性大腸炎の患者の皆様、明けましておめでとうございます。

今年も青黛による潰瘍性大腸炎の治癒の可能性を一人でも多くの患者様に知って頂けるようマイペースで綴っていきたいと思います。

お正月は今年生まれたばかりの子供を実家に連れて帰り、地元で過ごしました。例によって飲み過ぎでした。それに風邪を引いてしまい、咳が止まりません。

ま、しかし、今年の正月も去年と同様、潰瘍性大腸炎の事は全く意識せず過ごせました。一昨年は青黛の効果が乗るか反るかみたいな状態でしたし、3年前は潰瘍性大腸炎が暴れ狂っている状態でしたので、ある意味で死を覚悟して酒を飲み続けていました。(大げさか・・・)

何はともあれ、今年も健康で過ごしたいものです。