カテゴリー : 2011年 10月

治療実験 青黛の服用_1060日目 ~潰瘍性大腸炎の完治へ向けて~

最近はすこぶる快腸です。

大便はは1日に2,3回で、しっかりした固形のものが出ます。

青黛とペンタサの服用は中止しています。揚物やアルコール、肉類等を多く摂ってしまった翌日の朝には青黛を服用することにしていますが、月に2,3回程度です。

緩解状態が長く継続される事を期待しています。

大腸がん、水溶性マグネシウムが抑制!?

水溶性マグネシウムが大腸がんを抑制する可能性があるとのニュースがありました。

潰瘍性大腸炎を患った方にとっては大腸がんリスクは相対的に高いとされますので、気になるニュースですよね。


水溶性マグネシウムが発症抑制 炎症性大腸がん

大腸に炎症を起こさせ、がんを発症しやすくしたマウスに水溶性マグネシウムを与えると、大腸がんの発症が抑制されたと岐阜大大学院の久野寿也准教授と東海細胞研究所(岐阜市)の田中卓二所長の研究チームが突き止め、名古屋市での日本癌学会学術総会で4日、発表した。

 久野准教授らは「潰瘍性大腸炎などに由来する大腸がんの抑制に有効で、人でも検証したい」という。

 大腸に炎症を起こす薬と発がん物質を与えたマウスに、有機物と合成して水に溶けやすくしたマグネシウムを一定期間投与。マグネシウムを与えたマウスは与えなかったマウスに比べ、がん細胞の増殖を最大4分の1に抑えられたという。

http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011100401000905.html

2011/10/04 20:18   【共同通信】


治療実験 青黛の服用_1045日目 ~潰瘍性大腸炎の完治へ向けて~

ブログに広告が表示される仕様になってしまったみたいです。。残念。

まぁ、内容には影響ないので、そのまま行きたいと思います。

お腹の具合は先週末は少し飲み過ぎて次の日はやや軟便でしたが、月曜日には便が完全な状態になっていました。

最近、青黛は飲み過ぎた次の日の朝に服用する程度で、普段は服用していません。