カテゴリー : 2013年 2月

治療実験 青黛の服用_1548日目 ~潰瘍性大腸炎の完治へ向けて~

私自身の潰瘍性大腸炎は緩解継続中で平穏な日々を送っております。
関連ニュースを転載させて頂きます。


 

安倍首相も…「潰瘍性大腸炎」解明へ、粘液作る物質を特定 奈良先端科技大
2013.2.13 16:30 msn産経ニュースより
 
「分泌タンパク質の合成」の図(河野憲二教授提供)
 
 動物の胃や腸など消化管はヌルヌルした粘液で覆われている。その主成分は「ムチン」という糖が大量に結合したタンパク質(糖タンパク質)で、食物などによる物理的な損傷や細菌感染から粘膜の細胞を保護する作用がある、とされている。
 
 このように体内のデリケートな環境を守る「ムチン」を効率よく製造し、機能させるために、特定のタンパク質が品質管理や生産調整という重要な役割を果たしていることを、奈良先端科学技術大学院大の河野憲二教授らの研究グループが突き止め、その成果は「米科学アカデミー紀要」電子版に掲載された。
 
まるでワイングラス…「杯」細胞
 
 このタンパク質は「IRE1β」と呼ばれ、タンパク質の製造工場である細胞内の小器官、「小胞体」で、機能しない不良品のタンパク質がたまり過ぎてストレスがかかると、それを感知して軽減するように仕向ける「小胞体ストレスセンサー」の一種。消化器系だけで働き、このタンパク質が作れないようにしたマウスでは、大腸炎を誘発する薬剤に敏感に反応するので、原因不明の厚生労働省の特定疾患「潰瘍性大腸炎」と関係しているのではないか、とみられている。しかし、「IRE1β」がどの細胞で発現し、どのような働きをしているか、謎だった。
 
河野教授らは、まず、電子顕微鏡による観察などから、「IRE1β」が腸などの表層にあるワイングラスの外観に似た「杯(さかづき)細胞」の小胞体にだけ、特異的に働いていることを発見した。
 
 この杯細胞はムチンを分泌する。そこで「IRE1β」を欠いたマウスの杯細胞を調べると、小胞体に不良品といえるムチンの元になる物質(前駆体)が過剰に凝集して肥大化し、大きなストレスがかかっていることがわかった。
 
 「IRE1β」がムチンの製造に関係していることが明らかになったところで、さらに深く調べた結果、巧妙な生産調整の仕組みが判明した。
 
 つまり、ムチンの生産は、杯細胞の核内にあるDNA暗号(塩基)のムチンに相当する部分がメッセンジャーRNAという指令書にコピーされ、それをもとに行われる。そのさいに「IRE1β」は、メッセンジャーRNAの量を適正な量に減らすことでタンパク質が過剰生産されないように合成速度を抑え、タンパク質が機能する形に整えて品質を高める処理が効率的に行えるようにしていたのだ。
 
 こうした成果は、「IRE1β」の欠損と潰瘍性大腸炎など病気との因果関係を分子レベルで追求する手がかりが得られたことにもなる。河野教授は「病因の解明に加えて、診断や治療法の開発にも結び付けたい」としている。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130213/wlf13021316300013-n1.htm

治療実験 青黛の服用_1538日目 ~潰瘍性大腸炎の完治へ向けて~

私の潰瘍性大腸炎は昨年末にやや再燃の兆しが見られましたが、一瞬にして青黛で緩解した後は、平穏な日々を送っております。

潰瘍性大腸炎がらみのニュースを見つけましたので、転載します。


 

潰瘍性大腸炎の原因解明に期待 腸を守る成分調整物質を特定  奈良先端科技大  
2013.2.7 20:46
 
 胃や腸を刺激から守る粘液の主成分「ムチン」の調整に、特定のタンパク質が重要な役割を果たしていることを、奈良先端科学技術大学院大の河野憲二教授らの研究グループが突き止め、7日発表した。粘膜がただれる潰瘍性大腸炎など消化器疾患の病因解明が期待される。
 
 このタンパク質は「IRE1β」。健康なヒトの体内に存在するが、その役割などは知られていなかった。研究グループはマウスを使った実験で、IRE1βが、胃や腸の細胞を保護するムチンが過剰に生産されることを防ぐ役割があることを突き止めた。
 
 本来は細胞を保護するムチンが過剰に生産されると、ムチン自体の機能が低下し、潰瘍性大腸炎などの炎症を起こしやすくなるという。
 
 河野教授は「将来的にはIRE1βの欠陥を遺伝子レベルで診断できるようになり、病因解明や治療法研究への応用が期待できる」としている。
 
 潰瘍性大腸炎は、厚生労働省が指定する特定疾患(難病)で、腹痛や下痢などを引き起こす。安倍晋三首相の持病としても注目を集めた。

msnニュースより