タグ : 島津製作所

島津製作所、血液で大腸がん検診「9割発見」2万円で

日本経済新聞2018/9/19の記事で、「島津製作所は患者の血液から早期にがんを見つける診断サービスを10月から始める。大腸がんを9割以上の確率で発見できる。自由診療で検査費用は約2万円。」とありました。

島津製作所の検査機器を使い、血液中のアミノ酸や脂肪酸等8種類の物質を測定し、早期段階を含む大腸がん患者の9割以上で正確に判定できたそうです。すごいですね。

潰瘍性大腸炎患者の場合、一般的な健康診断で行われる検便の潜血検査ではひっかかる事も多く、内視鏡を実施しないことにはがん検診が難しい状況だと思います。時間的な負担や費用を考えても非常に有用な検診になる可能性がありますね。他のがん検診でも血液検査の分野は次々に新しい検査が生まれてきています。

ただ、大腸がんに進行する前のポリープの発見は内視鏡検査をしなければ発見できないでしょうね。